debian/ubuntu/LMDE で 無線LAN子機 WN-G150UMK を認識させる

debian/ubuntu/LMDE で 無線LAN子機 WN-G150UMK を認識させる

debian/ubuntu/LMDE で 無線LAN子機 WN-G150UMK を認識させる

debian/ubuntu/LMDE で 無線LAN子機 WN-G150UMK を認識させる へのコメントはまだありません

LMDEで I・O Dataの 無線LAN子機 WN-G150UMKを認識させる方法を記載しておきます。
LMDEで確認しましたが、debian、ubuntu でも同じ方法で認識可能だと思います。

と軽率に debian、ubuntuでも OKと書きましたが、どっちでもうまく行かない(笑)
debian、ubuntuについてはもうちょっと調査してみます。

追記

debian wheezyでの認識方法がわかりました。
ページ後方の debian wheezyで認識させるを参照ください。

追記

ubuntu 12.04での認識方法がわかりました。
ページ後方の ubuntu 12.04で認識させるを参照ください。

LMDE201403か Mint17の場合

これ自体 カニ Realtecの 8192cuというチップを使っているらしいので、
そのドライバーを読み込んでといくつかのファイルに記載することで無事使うことができたのでメモ。

lsusbでデバイスを認識しているか確認。
この例では2行目に I-O Dataのデバイスだよと認識している。

ドライバーを確認

ドライバー名は rtl8192cu のようだ。

モジュールの読み込みを追記

以下の1行を追記する。

wireless.confを調整(なければ新規作成してください)

以下の1行を追記

70-persistent-net.rulesを調整

以下の1行を追記

再起動してみてください。

無線LAN子機のランプがチカチカしてきたら、多分成功です。
後は OSのGUIから無線LANのアクセスポイントを探し、パスワード入力でめでたく接続です。

debian wheezyで認識させる

「rtl819x https://wiki.debian.org/rtl819x 」ここをみて
自分の環境に少し微調整しながらおこなったら、wheezy 7.4では 
無線LANが使えるようになった。

contrib と non-freeを追記
# Debian 7 “Wheezy”

contrib と non-freeを削除

これで USBポートに無線LANを差し込むとめでたく認識する。

Ubuntu 12.04の場合

http://askubuntu.com/questions/246236/compile-and-install-rtl8192cu-driver

12.04 & 14.04+: you can view these instructions or just do as I say.

を真似したらいけた。
どれも似たような手順だが、微妙に挙動が変わるみたい。

最後の方に追加

再起動してみてください。

無線LAN子機のランプがチカチカしてきたら、多分成功です。
後は OSのGUIから無線LANのアクセスポイントを探し、パスワード入力でめでたく接続です。


About the author:

Related Posts

Leave a comment

Back to Top