Linux Mint 18に Rails開発環境構築(mysql+git)

Linux Mint 18に Rails開発環境構築(mysql+git)

Linux Mint 18に Rails開発環境構築(mysql+git)

Linux Mint 18に Rails開発環境構築(mysql+git) へのコメントはまだありません

Mint 18をメイン開発環境にすることに決めたので、RVMでRubyをインストールし、Mysql+Rails+Gitな開発環境構築について記載しておきます。別段 Ubuntuや他のDebian系ディストリと変わったインストールということはないですが、ディストリ、ピンポイントで情報が欲しい方には役に立つかなと・・・

前準備

あれこれ必要そうなパッケージをインストール。結構ダウンロードされると思いますが、気にせずに・・・

RVMインストール

多分エラーが出るので、エラー画面に出力されているコマンドを実行

GPGキーがインポートされた後、改めてRVMインストール

RVMに必要なパッケージをインストール

Rubyインストール

gemrc作成

gem インストール時にドキュメントインストールなどを省略します。

Railsインストール、ついでにMysql2のgemもインストール

Railsプロジェクト作成

bundle install でエラーが出る場合

理由はよくわかりませんが黄色い文字でエラーが出てしまう場合、
何度も bundle install を、以下のような completeメッセージが出るまで
しつこく繰り返してください。

Gemfileを調整

JavaScript Runtimeのエラーが出るので前もって Gemfileを調整
(therubyracerをインストール)

改めて bundle install

Rails サーバー起動

動作確認

http://localhost:3000 へアクセスして以下のように表示されればOK。

rails

 

 

Rails開発環境、完成です。
以上です。


About the author:

Tags:

Related Posts

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back to Top