CentOS 6.5 にRedmineをインストール

CentOS 6.5 にRedmineをインストール

CentOS 6.5 にRedmineをインストール

CentOS 6.5 にRedmineをインストール へのコメントはまだありません

はじめに

CentOS 6.5に Redmineをインストールする方法について説明します。
最終目標は、既に作成済みのGitLabリポジトリーとの連携です。
この記事では、Redmineのインストールのみについて記載し、次の記事で、連携についての説明をしたいと思います。

GitLab環境の作成に興味がある方は、前の記事をご覧ください。

追記2(CentOS7)

CentOS7 で redmineを導入する方法を公開しました。CentOS7でredmineをとお考えの方は、こちらへどうぞ。

Redmine用データベースの作成

ライブラリーのインストール

Redmineのインストール

以下のURLにアクセスし、Redmineの最新版あたりをダウンロードください。
http://rubyforge.org/frs/?group_id=1850

Mysqlへの接続パスワードを調整します。

設定ファイル作成

以下の部分、お好きなフォントを指定ください。

バンドルインストールとデータベース作成

Passengerインストール(既に導入済みであればよみ飛ばしてください)

ApacheとPassenger連携を調整

動作確認

http://myhost.jp/redmine へアクセスすると、トップページが表示されます。

admin/admin でログイン出来ればOKです。

Redmine初期設定

Redmine本家のサイトによい記事がありますので、そちらを参照ください。

Redmineを使い始めるための初期設定

http://redmine.jp/tech_note/first-step/admin/

以上


About the author:

Related Posts

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back to Top