GitLabとRedmine連携 CentOS 6.5編

GitLabとRedmine連携 CentOS 6.5編

GitLabとRedmine連携 CentOS 6.5編

GitLabとRedmine連携 CentOS 6.5編 へのコメントはまだありません

はじめに

CentOS 6.5上に構築した GitLabのリポジトリとRedmineを連携する方法について説明します。

GitLab環境の構築については、前々記事を、Redmineのインストールについては前の記事を参照ください。

GitLabの設定変更

GitLabはデフォルトで /home/git/repositories/ フォルダ配下にリポジトリーを作成するようになっています。Redmineとの連携においてあれこれ試行錯誤しましたが、私の結論としては、/home/git 配下のファイルにはRedmineがアクセスできないようなので、GitLabのリポジトリーの配置場所を変え、両者の連携をはかってみました。

GitLab Shell の調整

リポジトリーの位置を /var/gitlab とします。

gitlab-shell再インストール

GitLabの調整

サービス再起動

GitLabリポジトリー追加

http://gitlab.myhost.jp へアクセスし、新規にプロジェクトを作成してください。
/var/gitlab/repositories 配下に正しくGitリポジトリーが出来ているか確認してみてください。

正しく作成されていれば、今後の作業の確認のために、このリポジトリに接続し、何らかのコミット作業を行います。

Redmineの設定

Redmineにログインし、対象のプロジェクトに移動します。
タブより、設定>>リポジトリを選択します。

左下に表示される 「新しいリポジトリ」をクリックし、リンクするリポジトリーの設定を行います。

以下のような感じで設定を行います。

Screenshot-test - Redmine - Chromium

では、プロジェクトのリポジトリタブに移動して、リポジトリーの参照が出来ているか確認してみましょう。

Screenshot-- - リポジトリ - test - Redmine - Chromium

上記のような感じで、表示されていたら、GitLabとRedmineの連携は完了です。

もしうまく行かない場合は、redmineを実行するユーザに/var/gitlab/repositoriesへのアクセス権限を与えてみましょう。

上記を実行後、再度、確認してみてください。


About the author:

Related Posts

Leave a comment

Back to Top