WindowsとUbuntu(Linux)の共存 ブートローダーが壊れた時に

WindowsとUbuntu(Linux)の共存 ブートローダーが壊れた時に

WindowsとUbuntu(Linux)の共存 ブートローダーが壊れた時に

WindowsとUbuntu(Linux)の共存 ブートローダーが壊れた時に へのコメントはまだありません

WindowsとUbuntuを共存させていて・・・
Windowsがぶっ壊れた時、Windowsを再インストールしますよね。

WindowsはLinuxの存在無視しまくって、BootローダーをWindows専用にします。
これだと、今まで使っていたUbuntuが起動しなくて困ります。
(こんな使い方してる人は稀なのかもですが・・・)

で、どうするか。

UbuntuのBootableUSBメモリを作成

別PCで、Ubuntuのインストール用のISOをダウンロードしてきて、
unetbootin/extlinuxが入っている状態で、unetbootinを使って
OSインストール用のUSBメモリを作ります。

USBメモリでブートして、Boot repairでブートローダーを修復

USBメモリを刺したままでPCを再起動し、BIOSの起動順序などを適切に設定して
USBメモリからブートするようにしてください。

Ubuntuのインストール環境が起動するので、ここでBoot repairをインストールして
ブートローダーを復活させてやります。

下のような画面が出るので、オススメの修復 でブートローダーを復活させましょう。
数分かかります。
boot-repair

動作確認

電源をプチッと切って、Linux系のブートローダーが表示されることを確認します。
Ubuntuが起動するか確認してみてください。
ここにWindowsも候補に入っていたら、そっちも正しく起動するか確認。

Windowsが見つからない場合

Ubuntuは立ち上がるようになったが、Linux系のブートローダーに
Windows用のものが見当たらないケースがあります。
こういう場合どうするか。

Ubuntuを普通に立ち上げます。
コンソールで

これで、再起動することで、たぶんブートローダーでWindowsも選択できるように
なると思います。

以上


About the author:

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back to Top