Laravel と Reactで Laravel Mixを使いapp.cssとapp.jsのバージョン管理を有効にする

Laravel と Reactで Laravel Mixを使いapp.cssとapp.jsのバージョン管理を有効にする

Laravel と Reactで Laravel Mixを使いapp.cssとapp.jsのバージョン管理を有効にする

Laravel と Reactで Laravel Mixを使いapp.cssとapp.jsのバージョン管理を有効にする へのコメントはまだありません

LaravelとReactを使って、サービスを作ったはいいが、いざリリースして、フロント周りの調整をかけても、なかなかクライアントサイドで変更が有効にされないケースが多かった。

これは当たり前の話で、Laravel内から コンパイル済みのapp.cssとapp.jsをくださいとロジックを書いているからである。

これ、バージョンを上げるごとに手動で、ファイル名を変更したり、パラメーターを追加して、強制的に再読込させる方法もないではないが、スマートではない。

そこでどうするか。

プロジェクトのルートにある Laravel Mixのファイルに以下を追記(末尾3行)

webpack.mix.jsを編集

webpack.mix.js

ルートになるbladeファイル編集

Reactのルートとなるbladeファイルを調整する。
app.cssの行と、app.jsの行を以下のようにする。

動作検証

リリース作業をしてみて、Chromeで読み込んでみて、app.jsが以下のようになっていれば、成功!

laravel-mix


About the author:

Related Posts

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back to Top