create-react-app で作った環境で、production/staging/xxxなどを process.envを使って切り替える

create-react-app で作った環境で、production/staging/xxxなどを process.envを使って切り替える

create-react-app で作った環境で、production/staging/xxxなどを process.envを使って切り替える

create-react-app で作った環境で、production/staging/xxxなどを process.envを使って切り替える へのコメントはまだありません

create-react-appした環境では、start/build/test の環境はできて、ビルドするときに
必要な環境変数が process.env.NODE_ENV にセットされますが・・・

production環境のとき、stagingのとき と切り替えたいときに、
process.env.NODE_ENVではうまく行きません。

create-react-appした環境では、

「REACT_APP_xxxxxxx」 という環境変数を使うことができます!

なので、環境変数に
REACT_APP_CURR_ENV という変数を用意します。

で、環境毎に違う設定などは、ごく僅かだと思うので、私の場合こんなjavascriptを作って対応してます。

package.jsonを以下のように編集します。

production環境のビルドを行いたいときは

staging環境のビルドを行いたいときは

これで、めでたし、めでたし。


About the author:

Tags:

Related Posts

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back to Top