GitLabバージョンアップ方法

GitLabバージョンアップ方法

GitLabバージョンアップ方法

GitLabバージョンアップ方法 へのコメントはまだありません

公式サイトのReadmeとか読むほうが確実ですが、面倒なので、適当にコマンドを叩いて、成功したのでその方法を記載しておきます。(適当そうに書いてますが、一応Railsはそこそこ知っていますので、大きく外していることはないと思います。)

この記事は、既にGitLabを導入済みで、そのGitLabのバージョンを上げたいという人向けの記事なので、そもそもGitLabすらインストールしていない場合は、この記事この記事を参照してみてください。

現在運用中のgitlabフォルダをバックアップしておく

最新版GitLab ダウンロード

https://github.com/gitlabhq/gitlabhq/releases

ここから最新っぽいもののバージョンをダウンロードしてください。

最新版を解凍し、フォルダ名をリネーム

コンフィグファイルを旧環境からコピー

かなりバージョンアップを放置していた場合は、gitlab.ymlの形式が変更されているケースもありますので、config/gitlab.yml.exampleをベースに調整してください。

不足フォルダを作成

バンドル インストール(気長に待ちましょう!)

アセットプリコンパイル(そこそこ待ちます)

データベース マイグレーション

こんなエラーメッセージが出たりしますが、多分気にしなくてOKです。(適当・・)
fatal: Not a git repository (or any of the parent directories): .git

サービス再起動

動作確認(少し待ちます)

ブラウザーでgitlabのURLへアクセスしてみてください。

gitlab-1


About the author:

Tags:

Related Posts

Leave a comment

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Back to Top